アクセサリーデザイナーになった話①【デザイナー日記】

こんにちは!

たまには自分のことも書いてみようと思い、このテーマにしました。
(一気には書けないので、適当にシリーズにする予定です。)

ただの1ニンゲンの進路話ですが、「こういう人もいるんだ〜」程度で読んでいただけるとありがたいなぁと思います^^


まえがき

私は、学生の時から「アクセサリーの仕事がしたい!」と目指していたタイプではありません。
どちらかと言えば、気づいたらアクセデザイナーになっていたタイプ。

タイミングだったのだと思います。

もちろん自分が選択したから今があるのですが、
飲食業をしている可能性もあったし、パティシエになっている可能性もありました。

(あとスポーツ系もやりたかったし、動物系もやりたかった!優柔不断…)

デザイナーさんそれぞれに色んな経験があると思いますが、
わたしの場合を記しておきたいなと思います。


雑貨デザインの専門学校への進学。

元々モノづくりが好きで、大学に行くつもりも無かった私は、
迷わず専門学校に進学しました。

「雑貨デザイン専攻」という学科です。

それも3つのジャンルから悩んでいて、
1つ目がお菓子作りの製菓学校。
2つ目がスポーツ系の専門学校。
そして3つ目がものづくり系の専門学校でした。

要するに、特にコレと言って “強い思い” はなかったんですよね。

ただ進路に迫られて、自分が本当にしたい事は何だろう?と悩み、とりあえず考えつく得意な事をやろうと思ったんです。
(高校生の時点で未来を決めろなんて、今になっても難しい話だよなぁ…と思います)

当時、自分の得意科目が、体育か、美術・図工でした。(バカっぽい笑)
お菓子作りは何となく好きで、たまに家で作っていたので、思いついた選択肢です。

ちなみに勉強は特に好きでもなかったので、大学に行くという選択肢は少しも考えませんでした。

2年制の専門学校、あっという間に卒業間近に。

専門学校では「モノづくり」学科らしく、いろいろな物を制作しました。

雑貨デザインだったので、
照明だったり、内装デザイン(模型作り)だったり、
ジャンルに捉われない制作課題がたくさんありました。

デッサンもしましたし、Macを使ったチラシやパッケージ制作もありました。
(これは今となってはありがたく思います!)

美術学校のような感じでしたが、基本的には出されたお題を自由に制作。
分からない事は先生にアドバイスを貰うというスタイルでした。

在学中の私はというと、もっと技術的な事を教えて欲しい…!と思っていました。
“モノづくりしてるだけじゃ図工と同じでは?” と。
( 雑貨デザイン学科を選んだのは自分なのに。。笑 )

今思うと、もし高校生の時にもっとビジョンが明確だったら、もっと職人性が高い学校に進学してただろうなと思います。

そんなこんなで、在学中もどこかモヤモヤしていて、

2年生になって卒業制作も考えなきゃいけない時期に差し掛かっていたのに、
あまり学校にも通わなくなってしまいました。



…②へ続く(執筆中。しばしお待ちを!)